お店づくりのコツ

『VMDを行う3つの目的と利点!』←クリック

VMDには3つの目的と利点があります。なぜ、VMDを取り入れるのか?を明確に説明し、売場作りのヒントに必ずなります。難しいことは一切しておりません。VMDはセンスではなく理論。 

 

『ついついクリックしたくなるキャッチコピー』←クリック

キャッチコピーにはいろいろな法則があります。クエスチョン方式、数値方式、自虐方式などを使い、お客様に共感を得られるようなキャッチコピーを作りましょう。

 

 

『人材教育・販売研修には二つの方法がある』←クリック

人材教育・販売研修には普通、OJTとOffJTの2つに分けて実施されます。OJTはOn the Job Trainingの略で「職場内教育」、Off JTはOff the Job Trainingの略で「職場外教育」と訳されます。

 

 

『人材研修の重要性について』←クリック

ここ数年の間でモチベーションのある若者を採用している企業のほとんどは人材研修費用にもコストをかけていることが知られています。適切な研修制度を用意することは企業と社員の双方にメリットがあります。

 

 

『新人研修で自分の立場を理解する』←クリック

新人研修では、挨拶から接客・販売など、お客様対応・礼儀を教わります。これはどこの店舗でも一緒です。店舗で教育をするとき新入社員に言うことは、お店に染まるな!ということです。

 

 

『接客・販売はVMDを完成させる事で売上アップが見込める』←クリック

VMDという言葉を耳にしてピンとくる方はいらっしゃいますか、VMDとはビジュアルマーチャンダイジングの略で、店舗がお客様に伝達したいメッセージを目で見てすぐわかる形にするという事です。これは接客・販売の業界で非常に重要な項目となっています。

   

『売れる販売員には共通の行動パターンがある』←クリック
売れる販売員には必ず理由がある。接客でのアプローチ、クロージング、売り場での動き方・目線などお客様に対してサポートする態勢ができているんです。

 

 
『売れる売場作りには欠かせないポイントがある』←クリック
売れる売場作りには様々は手法・魅せ方があります。商品陳列からディスプレイ構成、カラーコーディネイトまでたくさんあります。さらにお店が明るく、活気があることが大切です。

 

 

『店頭VMDで買い物の楽しさを』←クリック
店頭VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)を用いて、土地柄や客層、お客様の声に応じた売場や商品棚を作り、お客様に買い物の楽しさを感じてもらい売上に繋げる。

 

 

『スーパー売場作り×クロスマーチャンダイジング』←クリック
スーパーの売場作りは昨年の実績や今年の流行商品、メーカーとのコラボ戦略商品をステージやエンドで展開して売り込むのが主流です。売場作りでよく使う手法がクロスマーチャンダイジング(クロスMD)です。

 

 

『ネット販売と実店舗の大きな違いとは』→クリック

現在、買い物はネット購入と店頭購入の2極化になっております。どちらで買うと満足を得られるのか?

 

 

『高級店気分の店づくり』←クリック
店づくりには、いろんな手法・魅せ方があります。単価がそれほど高くない商品を扱っているお店でも、お店の内装や商品陳列の仕方によって、高級店のように見せてお客様の目を引くこともあります。

 

 

『売場演出で欠かせないのが、想像・イメージなんです』←クリック
売場演出はその場にお客様を立ち止まらせ、商品の購入した先のイメージをどう伝えるかがポイントです。装飾品をうまく使ってイメージをさせることで購入につなげます。

 

 

『思わず足をとめて、商品を手にとってしまうような店舗ディスプレイ』←クリック
素敵なお店の印象を与えるものの一つに店頭演出・ディスプレイがあります。ウィンドーショッピングを楽しんでいる人が、思わず足を止めて、店内をのぞいてみたくなるようなお店を作ると、集客、売り上げもアップします。

 

 

『商品陳列の並べ方や位置で売上が激変する』←クリック
商品陳列には様々な手法があります。まずは、お客様の目を一番引く場所があり、そのスペースを「ゴールデンゾーン」または「ゴールデンライン」ともいいます。商品も左から右、上から下、手前から奥のように陳列方法があります。

 

 

『POP書くことに絶対外せないポイントが2つある』←クリック

POPを書く上でお客様から共感を得るには重要なポイントが2つある。ただ、商品の説明や価格表示しても他の店舗と何ら変わらない。実際の評価(お客様の生の声)がポイントになる。

 

 

『カラー(color)でイメージと売上を上げる』←クリック
カラー(color)つまり色で大きく売上は変わります。店、ディスプレイ展示、POPなど最初に目に入ってくるのは“色(color)”です。色相環を利用してうまく色を使い分けましょう。カラーコーディネーターはその専門家です。

 

『店舗集客は他店を知る前に自店を知ることが先』←クリック
店舗の集客はみなさん悩まされますよね。競合のお店が増え、価格も同等だったらどうしよう・・・。その状況でも店舗の強み・差別化ができれば店舗の集客は可能です。

 

 

『店舗はオープンした後の方が大変、今後の対策として』←クリック

店舗開業に不安のある場合や、店舗の業績不振に悩んでいるのであれば、店舗コンサルティング業者に協力を仰ぐのがお勧めです。

 

 

『潰れそうな小売店の集客方法』←クリック
小売業を経営しているという人は、よくわかるのですが、小売業ほど経営が難しいものはないです。すこし歩けば、大型ショッピングモールやスーパーが安い値段で多くの種類の商品を、販売しています。それに値段で普通の小売店が勝とうとするのは、とてもじゃないですが、無理です。しかし悲観することはないです。小さな小売店には小さい小売店なりのウリがあるからです。

 

 

『小売店への営業力を強化する』←クリック
ドラッグストアなどの小売店で販売強化を図るには、メーカーや卸業者の売り場提案や販売促進計画など店舗に働きかけることがポイントである。

 

 

『口コミ繁盛店を作るポイント』←クリック
口コミで紹介される繁盛店は、商品で口コミになっているのでは無い。「特別感」「信頼」「・・・」などで人から人へ伝達され、行列になるのです。

 

 

『売場改善はまわりを巻き込め』←クリック
売場改善は、自分の店でやれることは限られている。まわりを巻き込み、お店・メーカー・問屋全体で良くしていくこと。

 

 
『店舗マニュアルで販売員の行動が変わる』←クリック
店舗マニュアルはお店にありますか?よくあるのは会社のルールブックはどこにでも置いてありますが店舗マニュアルは置いてないお店が多々あります。弊社では、店舗マニュアルに最適な「VMDテキスト」を販売しております。

 

 
『店舗レイアウトでお店の印象が大きく変わる』←クリック
店舗レイアウトを作成するとき、まず、何からやりますか?考えますか? ちゃんとやり方があるんです。お客様動線、主通路の確保、VP・PP・IPの配置、定数・定量、など。

 

 

『店舗調査で問題点を洗い出し、売り上げをアップする方法』←クリック
普段働いていると気づきづらい点もありますが、第三者の冷静な目で見ることで、伸ばすべきポイントと改善すべきポイントを発見する事ができる。

 

 

『イベント企画で販売拡大戦略とは』→クリック

イベントを企画して、通常の販売数量。金額を上げる戦略はどう考えるか?がお店のポイントになります。他店との差別化を図るにはイベントは絶大な効果を発揮します。今回は参加型について。

 

 

『店舗什器の選定には裏付けがある』←クリック
店舗什器を選ぶときにまず考えることは、店舗コンセプトに合った什器を選定することです。お店のイメージ、商品イメージ、客層などを考え、色やデザイン、高さなどを決めていきます。

 

 

『メーカー基準・ブランド基準で売場優先順位を決める』←クリック
取引先であるメーカーの優越をつける基準を設け、採点して今後の取引に活かす。またブランドも同じことが言え、ブランド基準を設け、売場配置の優先順位を決める。

 

 

『お店の環境づくりが必要な理由』←クリック
お店は常にお客様が安心して買い物ができる環境を維持しなければならない。ただ売るだけではなく、サービスを重視することが必要。AEDの取り扱いやサービス介助士の資格を現場でいかしていくことがこれから大事です。

 

 

『店舗内装のリフォームと店舗サインについて』←クリック
店舗サインの役目は、どこに・何のお店があるかをお客様に知らせることです。店舗の内装は店舗コンセプトに基づいた設計・施工が基準になります。店舗コンセプトがブレると特徴のないお店になりお客様は来てくれません。

 

 

『店舗経営コンサルティングのプロが必要な理由』←クリック
店舗経営コンサルティングという人たちは、店舗の様々な悩みを解決し、売上アップに大きく貢献している。なぜ、売上アップできるのか?

 

 

『貸店舗契約に伴う店舗保険』←クリック
貸店舗契約の際、契約要件の一つとして店舗保険の加入が義務付けられています。これは、万が一店舗から火災が発生し物件に損害を被った場合、貸主は借主に対して、その損害を賠償しなくてはならない為です。よって貸店舗契約には必ず保険の加入が課せられます。

 

 

『広告費0円の集客方法』←クリック

お客様を呼び込むには、多大なる広告費がかかります。TV・雑誌などメディアに触れるもには広告費がかかりますが、一方で広告費0円で集客できる方法もあるんです。

 

 

『お客様を引き付ける催事販売とは』←クリック
催事販売は主に百貨店・スーパー・量販店などで実施されています。商品は食品からアイデア商品販売まで多種あります。お客様を引き付ける催事とはどんなものなのか?

 


『千葉県で唯一の店舗VMDスクール』←クリック
千葉県で唯一の店舗VMDスクールを開講しております。接客・販売、陳列技術、ディスプレイ方法、響くPOPの書き方などを教えております。

 

▲このページのトップに戻る